採用情報。株式会社ツチヨシ・マテックでは広く人材を募集しております。あなたの能力を大きく羽ばたかせてみませんか。

奥の深い砂の世界。だからこそ面白い砂職人の道 2009年入社 製造部 斉藤 慶太

現在の仕事内容を教えてください。

現在はレジンコーテッドサンド製造部門で鋳造用硅砂のレジンコーテッドサンドを作る作業をしています。
具体的には2つの作業があります。
制御盤を利用して、砂に添加剤を混ぜ、大型ミキサーで混合していく作業。これは一日約30トンの製造をしています。
そしてもう一つが品質管理のため、試験室でのレジンコーテッドサンド評価です。レジンコーテッドサンドを焼き固めた状態で圧力をかけ強度を調べたり、粒度分布を専用の振るいにかけて測ったりします。
その他には機械が常に安定して動作するようにメンテナンスマニュアルを作成したり、トラブル発生時の対応手順などをドキュメントとしてまとめたり、ISO9001の書類を作成したりしています。

この仕事のやりがいについて教えてください。

砂は自然のものですので、非常に奥が深いんです。砂にはその砂独自の特性があり、また天候などにも左右されますので、その砂の特性、その日の天候などを見極めて、配合、混ぜる時間などを調整する必要があります。
細かな調整はマニュアル化しにくく、長年の経験と勘が重要になるんですね。その分やりがいがありますね。
日々の勤務で少しずつではありますが新しい知識・経験が蓄積されていくので、非常に楽しいです。

ツチヨシ・マテックを選んだ理由は何ですか?

大学で化学系の勉強をしていましたので、化学系の知識を活かせる企業を希望していました。
出身が千葉ですので、自宅から通える企業を探しておりましたが、当時就職難ということもあり、選択肢が少なかったので就職活動エリアを広げました。
そこでツチヨシ・マテック豊橋工場で採用募集していることを知りました。
選んだ決め手は福利厚生面がよかった事です。特に「家賃補助」のガス・光熱費を全て会社で負担してもらえるので単身勤務の私には魅力的でした。
「富を社員に還元する企業方針」にも共感をいたしました。

今後の目標を教えてください。

早く一人前になって責任領域をもっと増やしていきたいです。
工場全体を指示する砂のスペシャリストとして活躍の場を広げられればと思います。
経験が必要な仕事ですから、日々の勉強と失敗の繰り返しを大切に、根気強くやっていきたいと思います。
東京や名古屋で開催される鋳型技術委員会などの様々な委員会のカンファレンスにも積極的に参加し、知識を深め、業界でのネットワークも広げていきたいと思います。

ページトップへ