Interview 02

日本式の礼儀やマナーをタイのスタッフに根付かせ 他社との差別化を図る。

日本式の礼儀やマナーをタイのスタッフに根付かせ 他社との差別化を図る。

メラダ・トゥリータノン

2006年入社
ツチヨシ・マテック・タイランド
営業部 マネージャー

メラダ・トゥリータノン

現在の仕事内容を教えてください。
タイ人の統括として、新規プロジェクト立ち上げの際の人員の振り分けや社内の情報共有、プロジェクトの進行管理等を行っています。お客様がタイ人の場合は営業活動を行ったり、社内スタッフの教育にも力を入れています。
教育では、在庫管理やフォークリフトの使い方、事務全般をレクチャーしているのですが、スタッフによって考え方などが異なるため、スタッフごとに話し方や指示の仕方を変えることで、作業の効率化を図っています。
また、実際に仕事をお願いする際は、作業の意味や意図まで伝えることで、仕事に対する理解度を深めてもらう工夫を行っています。
そのためには、私自身に業界の知識が必要になるので、業界知識や商品知識などは常に勉強しており、そこから生まれるお客様満足は私自身のやりがいにも繋がっています。

メラダ・トゥリータノン

入社のきっかけを教えてください。
大学時代にインターンシップでホテルで働いておりました。就職先を決める際に、元々マネジメントに興味があったということと、姉がツチヨシ・マテックで働いていたということ、そしてホテルで働いている際に多くの日本人と関わった経験から日本に興味があったということもあり、ツチヨシ・マテックに入社することにしました。
入社後は多くのことに挑戦させて貰う機会が多かったのですが、貿易や鋳造などの知識は全く無かったため、姉に業界や仕事に関することは教えてもらい、乗り越えることが出来ました。
今後は会社経営についても学んでいきたいと考えています。

メラダ・トゥリータノン

日本企業に対するイメージは?
私の日本企業に対するイメージは「時間厳守」「助け合い精神」「品質の良さ」です。
ツチヨシ・マテックへの入社前から、日本企業に対してこのようなイメージは持っていたのですが、入社してより実感することになりました。
また、ツチヨシ・マテックでは他社と比べ礼儀やマナーを重んじており、お客様からとても良い評判を頂いております。
タイではまだまだこのような文化は根付いていないため、この文化をスタッフに浸透させることで、お客様満足の点で他社との差別化が図れると考えています。

Off Shot

オフショット:メラダ・トゥリータノン

旅行に行くことが好きなので、年に5、6回は国内・海外問わずに様々な場所に家族と行っています。
海外だとこれまで、日本やイギリス、シンガポールなどに行っており、今後はスイスや香港にも行きたいと思っています。
また、友達とボクシングに行くことも多く、消費カロリーを考えながら週に2、3回汗を流しています。

採用のエントリーはこちらから

Entry